寧夏夜市のおすすめグルメ♪台北観光に来たら食べるべき6店!

寧夏観光夜市 台湾夜市

ニーハオ、xilinです!

MRT淡水信義線(Tamsui-Xinyi Line)の中山駅 or 雙連駅から徒歩10分くらいのところにある『寧夏路夜市 (読み方:ニンシャー・イェシー)』に行って来ました!台北駅やホテルがたくさんある中山エリアから徒歩圏内で行ける夜市になるため、ガイドブックなどにもたくさん紹介されている台北を代表する夜市。何度も通って実食したからこそ、「これだ!」とオススメするグルメなお店をご紹介します♪

スポンサーリンク

紐澳良去骨鶏腿排 – 鶏のもも肉

寧夏夜市エリアにある屋台やお店の中で、私的に一番オススメのお店が『紐澳良去骨鶏腿排』です。去骨鶏腿排とは、漢字から察するに骨なし鶏もも肉ステーキという意味になります。こちらのお店は、前にも訪れた際にも食べていて『やっぱり、もう一度食べたい😋』とリピートしました。

お店の看板
お店の外観

ご夫婦で営んでいるようで、ご主人は接客を一切せずに黙々と鶏肉を焼き続けています。奥様が接客担当となっていて、カタコトの英語が使えます。

店裏の行列

寧夏夜市は屋台と屋台の間を行き交うような形になるので、順番待ちの列はお店の後ろに出来ているので、行列に並ぶ際には気を付けてください。

メニュー表

メニューは『去骨鶏腿排』のみになります。1枚80元≒277円也。2つ買うとちょっとだけお得になります。ただ、鶏もも肉1枚分のステーキなので、けっこうボリューミーです‼味付けを選べるようですが、何も言わないとオリジナル味になります。スパイスをかけるか、かけないかを聞かれます。

店頭のコンロ①

ご主人が裏のコンロでも焼きまくっていますが、焼き上がるまでに時間がかかるため、行列が出来てしまうようでした。

店頭のコンロ②

メチャクチャ美味しそうな色に焼き上がっていきます😆

去骨鶏腿排:80元

外の皮はカリカリ‼
中のお肉はジューシー!!!

照り焼きとは少し違い日本でもありそうでない感じの味付けで、オリジナルの味付けがクセになります☆余分な脂が落ちているので、そこまで脂っこくなく食べれちゃいます😋雞排(フライドチキン)はどこの夜市にもありますが、このタイプはあまり見ないので是非一度食べてみて欲しいです♪

【紐澳良去骨鶏腿排】
住所:台北市大同區寧夏路34-5號
※どちらかといえば、中山駅側にお店があります。

⇒台北グルメ予約はコチラ
 キレイなレストランでも食事したい貴女へ♪
⇒台北ナイトツアーはコチラ
 夜市以外の楽しみ方がいっぱい♪

豬肝榮仔 – ホルモンスープ

台湾ローカルフードで主人がとくにハマっているモノが『ホルモンスープ』です。もともと焼肉のホルモンは好きな方ではありましたが、日本では馴染みのなかったホルモンスープにどハマりしています。南機場夜市にも美味しいお店がありましたが、寧夏夜市で美味しいホルモンスープが食べられるお店は『豬肝榮仔』です。

店頭のイートインスペース

イートイン/内用(ネイヨウ)の場合は、お店の奥というか裏側に並びます。カタコトの日本が分かる女性が大きい声でアッチコッチと指示を出しているので、それに従いましょう😅

店頭奥のイートインスペース

順番が来ると、店頭側に数席と奥側に数席あるイートインスペースに案内されます。席に着いたと同時に注文を聞かれるので、あらかじめオーダーを決めておくことをオススメします。また、日本語の話せない店員さんがいても、日本語で注文すれば声の大きい女性店員さんが注文を聞きに来てくれます。

メニュー表

メニューは4種類。そのうちの3つがホルモンのスープです。豚のガツとレバーのスープが食べられます。ちなみに、ガツとは胃袋でレバーは肝臓になります。
豬肝豬肚綜合湯:豚レバーとガツ入りスープ
肉粽:特製チマキ
今回はどちらも食べられるように綜合湯にしました。お会計は115元≒400円也

豬肝豬肚綜合湯:65元

ホルモンの臭みがまったくなく、食べやすい😃
レバーはプリっとしていて、ガツは歯ごたえがあって、どちらもおいしい😋

しーりんブログにも何回も登場しているホルモンスープですが、今までに一度たりともホルモン臭いスープは出てきたことがありません‼また、レバー特有のパサついたものもありません。日本で食べるホルモンは、当たりはずれがあったりするので頻繁には食べていませんでしたが、主人がどハマりしているだけということもありますが…一応栄養面も考えてレバーを食べる事が多くなってきている気がします。

肉粽:50元

少しお米が柔らかめだったのが気になりましたが、おいしかったです☆

ちなみに、奥側の席はビニールで仕切りがされているため風邪が入らず、めちゃくちゃ暑いです😡また、店頭側の席は真後ろを人が行き交うので、非常に食べ辛そうでした😵したがって、速攻で注文して、速攻で食べて出るべし‼こちらのお店の教訓にしていただければと思います。

【豬肝榮仔】
住所:台北市大同區寧夏路010攤位
※雙連駅側にお店があります。

スポンサーリンク

鹽烤杏鮑菇 – エリンギ焼き

お店の看板

夜市グルメとしてはメジャーだとは思いますが、脂っこい食べ物が多い夜市グルメの中で、さっぱり食べられるのがエリンギ焼きです。士林夜市にある『碳烤杏鮑菰』は長蛇の列ができるほどのお店ですが、寧夏夜市にはそこまでのお店はありませんが『鹽烤杏鮑菇』はオススメのお店です。

お店の外観

雙連駅側から入ってすぐの場所にあるので、とても分かりやすいと思います。

エリンギの大きさにビックリ😲
日本で売っているサイズの倍はありそうです‼

味付けのメニュー表

味付けは6種類あり、私たちは口直しに食べるのでレモン塩を頼むことが多いです。今回もMサイズのレモン塩味を注文しました。100元≒350円也。ちなみに、このお店ではありませんが、わさび塩もさっぱり食べれました。

焼き上がる少し前のタイミングで、醤油のようなオリジナルソース的なモノを塗って焼き上げます。

焼き上がると、上手に乱切りして、グラム分を容器に入れて出来上がりです☆ちなみに、レモンはおじさん自らの手で絞ってくれたので、衛星面を気にする方にはオススメできませんねー😅

杏鮑菇(M):100元

プリプリで歯ごたえのあるエリンギがウマい🤩

もともとキノコ系が大好きな私は、手が止まらないくらいの勢いでいくらでも食べれちゃう感じですが、やっぱり歯ごたえがしっかりある分おなかも満たされますのでご注意ください🤣脂っこいお肉系の後などに口直しで食べてみてはいかがでしょうか♪

【鹽烤杏鮑菇】
住所:台北市大同區寧夏路70-58號
※雙連駅側にお店があります。

慈音古早味阿婆飯糰 – 名物おにぎり

雙連駅側から寧夏夜市に入る手前にひときわ長い行列が目に入ると思います👀それが台湾式おにぎり屋さんの『慈音古早味阿婆飯糰』です。脱サラしたおじさんがはじめた屋台だと、いつかのTVで見た気がします。寧夏夜市と言えばこの台湾おにぎり屋さんと言われるくらいの、名物グルメです。

お店の外観

いつも10人前後の行列が出来ていますがテイクアウト/外帶(ワイダイ)のみなので、そんなに待つ時間は長くないと思います。

店頭の様子

メニューは飯糰(おにぎり)一個:40元≒140円のみです。

順番が来たら必要個数を注文しますが、日本語も普通に通じますし、指数字でも問題ありません。すると店員さんが『カライ?スコシカライ?』と聞いてくれるので、お好みの方を答えます。

ごはんの中にいろいろと詰めていきます。

飯糰:40元

台湾式おにぎり『飯糰(ファントゥァン)』は三角形ではなく、五平餅のような俵形のような、円柱のような形をしています。

中身は・・・

油條(揚げパン)が入ってる😲‼
炭水化物×炭水化物
恐るべし台湾式おにぎり🤣

中には、肉鬆(ロウソン)/豚肉のでんぶや高菜のような葉っぱと油條(ヨウティアオ)/揚げパンが入っています。油條は台湾グルメ…とくに早餐/朝食には欠かせない一品で、鹹豆漿(シェンドウジャン)にも入っているし、パン×パン的な感じになる燒餅(シャオビン)にも挟んで食べたりします。まさに、炭水化物×炭水化物のメニューがとっても多いです😅ちなみに、お米はもち米のようです。
大阪のごはん×お好み焼すらアンチな私にはあまり理解できませんが、主人的にはアリのようで、おいしそうに食べていました☆

味の表現がちょっと難しいので、実際に是非食べてみていただきたい一品です‼

【慈音古早味阿婆飯糰】
住所:台北市大同區民生西路198號
※雙連駅側にお店があります。

[ad]

旺来蛋糕 – ふわふわシフォンケーキ

夜市グルメはしっかりおなかいっぱい食べたつもりでも、ホテルや家に帰った後に小腹が空いてしまうことがしばしばあります。※私だけだったらすみません…🤣そんな時のために買って帰りたい一品が『旺来蛋糕』のカステラケーキです。クチコミではシフォンケーキとの表現が多かったですが、私的にはふわふわのカステラケーキという方がしっくりくる気がします。

お店の外観
お店の外観

開店早々に来店したので商品の陳列もままならない状況でしたが、すでに数人のお客さんが並んでいました。商品札とかもまだなく、今回買った商品以外の詳しい商品名などはわかりません。地元の人っぽい感じのお客さんは、四角いタイプを数本買っていました。

店頭の商品たち

今回は、アラフォー夫婦二人で食べ切れる大きさであろう、蛋糕の丸いタイプの小さい方を注文しました。

手前が大サイズ、奥が小サイズ

店頭にいるおばちゃんはカタコトの日本語ができるので、指さし&日本語での注文で問題ありませんでした。蛋糕(小)60元≒208円也。クチコミで確認した金額より10元高かったので、最近値上がりしたんだと思います🤑箱の有無を聞かれたので、念のため箱ありでお願いしました。

蛋糕(小):60元

ふわふわでメッチャおいしい😍
甘さ控えめもいい感じ☆

そこまで甘くなくて、口当たりも軽いので、アラフォー夫婦の私たちでもパクパク食べれちゃいました。冷蔵保存をしてもふわふわ感が変わらないとの事だったのですが、あっという間に食べ切ってしまいました。大きいサイズにすればよかったと、ちょっぴり後悔しました😭

翌日の朝食にもなるので、寧夏夜市に行った際には是非買って帰ってみてください☆

【旺来蛋糕】
住所:103台北市大同區寧夏路台湾 Datong District 夜市
※どちらかといえば、中山駅側にお店があります。

圓環邊蚵仔煎 – 名物の牡蠣のオムレツ

台湾夜市グルメの代表的な小吃料理が『蚵仔煎(牡蠣のオムレツ)』です。寧夏夜市には、蚵仔煎が食べられる有名店がいくつかあり、そのひとつが今回ご紹介する『圓環邊蚵仔煎』です。

お店の外観
店頭の行列

お店の外には、イートイン/内用(ネイヨウ)の長蛇の列がいつも出来ています。夕食時の行列はハンパないので、時間をズラして来店されることをオススメします。※あくまで、並ぶのが好きではないアラフォー夫婦の感覚のハンパないです…

店頭の様子

順番が近づいてくると、店員のおばちゃんが注文を聞いてくるのですが、基本的には「蚵仔煎を何個注文するのか」ということが知りたいようなので、席に着いてから追加注文もできます。実際に私たちも蚵仔煎を1つだけ注文しましたが、席に案内される際に追加注文をしました。

店頭のオープンキッチン

お兄さんが黙々と蚵仔煎を作り続けていました🍳

店頭ディスプレイ
メニュー表

メニューは7種類です。蚵仔煎とご飯は1種類で、スープ系は数種類ありました。
今回は、蚵仔煎米糕の2つを注文して、お会計は100元≒346円也。

店内の様子

外があれだけの行列なので、当たり前ですが店内も満席状態になります。荷物置き用のイスが確保できない場合があるので、大きい荷物じゃない方がいいかもしれません。

蚵仔煎:70元

ご紹介しておいてなんですが…コチラの料理はあまり得意ではないので、士林夜市のお店でも食べてみましたが、味の違いがよく分からない…というのが正直な感想になります。申し訳ございません😭牡蠣好きの人には良いと思いますが、どのお店も特別な味の違いがないように思うので、台湾夜市のどこかで一度食べてみる感じでいいのではないかと思います😅※蚵仔煎好きの方が読まれたら申し訳ございません。一個人の感想になりますので悪しからず🙇‍♀️

米糕:30元

米糕(ミーガオ)とは、もち米に豚肉のタレがかかったおこわのようなご飯になります。こちらも、小吃グルメになります。モチモチというか、ネバネバというか、そんな感じの食感になります。

【圓環邊蚵仔煎】
住所:台北市大同區寧夏路46號
※どちらかといえば、雙連駅側にお店があります。

⇒台北グルメ予約はコチラ
 キレイなレストランでも食事したい貴女へ♪
⇒台北ナイトツアーはコチラ
 夜市以外の楽しみ方がいっぱい♪

さいごに:台北おすすめホテル

台北旅行を考えている人に私たちが宿泊したホテルをご紹介しますね♪ よければ参考にしてください。どちらも台北観光に最適なホテルですよ!

台北でちょっと贅沢な気分を味わいたい貴方にオススメのホテル!
コスパの高さを追求する貴方にオススメのホテル!

台湾夜市グルメは、とくに好みが分かれやすい料理が多いと思うので、ご自分の舌で自分好みのお店を見つけてみてはいかがでしょうか♪今回のお店はどれも寧夏夜市のおすすめグルメですよ♪

それでは最高の台北観光を♪

コメント

タイトルとURLをコピーしました