台湾での生活費・滞在費を公開!台北生活4か月目。

台湾での生活費 お金と仕事

xilinです。

今回、だいぶ時間が経ってしまったが、4か月目(2019年6月)の生活費を記載しておきたいと思う。この月は率直に言って贅沢三昧した時だ🤣 何に使ったかって、そりゃあ宿泊費用です。

スポンサーリンク

合計金額:99,142台湾ドル (=342,799円)

1カ月間の生活費の合計は99,142台湾ドル (=342,799円)となった😲 突然生活費が約10万円ほど跳ね上がって私も気分が悪い…😱 しかも6月は25日に日本に帰国しているため、24日分の生活費・滞在費にも関わらずこの金額…😱 

ただしこれは完全に私たちが悪い。確かに私も覚えている…、

  • 良いホテルに泊まり
  • 高い食事をいただき
  • 離島に遊びに行った🤯 

そりゃあ金額も跳ね上がるはずだ🤣  内訳を見てみるとこんな感じだ↓

生活費合計の内訳_4カ月目

滞在費・宿泊費が全体の約59%、食費が約18%、交通費が9.5%、交際費が7%といった感じだ。既に述べたように前月から約10万円 (≒28,000~29,000台湾ドル) ほど増加している。ざっと見渡したところ、こんな感じの増加だった💦

  • 宿泊費用で10,000台湾ドル😲
  • 交通費用で 8,500台湾ドル😲
  • 交際費用で 7,000台湾ドル😲
  • その他諸々で3,500台湾ドル😲

いつからこんなに生き急ぐようになったのか…🤣 

では、1日あたりの平均の生活費だ。徐々に抑えられてきた生活費だったがここで一気に…!!

  • 3月(1カ月目): 3,001台湾ドル
  • 4月(2カ月目): 2,633台湾ドル
  • 5月(3カ月目): 2,352台湾ドル
  • 6月(4カ月目): 4,130台湾ドル

1日4,130台湾ドル…!

約15,000円⁉

おお~い、日本でもそんなに使ってなかったぞ😲

そろそろ白状すると、①九份に1週間滞在した時にユニークな宿に宿泊しました。②宿泊してみたかったザ・グランドホテル台北に宿泊しました。③澎湖(ポンフー)に花火を見に行きました。④日本帰国にあたって家族・友人・知人にお土産を買いました。←大きな理由はこんなところだろう。

宿泊費:58,415台湾ドル (=201,982円)

1カ月間の滞在・宿泊費用が58,415台湾ドルだった。ここで高かったホテルでいくら使ったかをいくつか挙げてみたいと思う。

  • ザ・グランドホテル台北×2泊:TWD8,992 (≒31,330円)
  • シェラトンホテル澎湖(ポンフー)×1泊:TWD6,230 (≒21,708円)
  • 九份のユニークなAirbnb×4泊:TWD13,328 (≒46,440円)

これだけで10万円くらい使ってますね…、この3つは特に高めの宿ですが、まだちょっと高めの宿が残ってるわけで…。恐ろしい…😨

続いて、1日当たりの宿泊費用を確認してみると、約2,434台湾ドル≒8,416円くらい。月ごとに並べてみよう。

  • 3月(1カ月目): 1,693台湾ドル
  • 4月(2カ月目): 1,603台湾ドル
  • 5月(3カ月目): 1,573台湾ドル
  • 6月(4カ月目): 2,434台湾ドル

見事にジャンプアップ😲 なかなか下がらないクセに、上がる時は一瞬…‼ まあでも、上の3つの宿を見るだけでもジャンプアップは仕方ないですねぇ…。反省しなければ。

ご興味ある人のためにどんなところに宿泊したのか、グランドホテルとシェラトンは記事を以下に張り付けておいたので、ご参考まで👍 どちらもとても良かったですよ🤣

食費:17,710台湾ドル (=61,236円)

1カ月間の食費は17,710台湾ドル。1日当たりの食費にすると約738台湾ドル≒約2,565円。妻にはケチだ、ケチだと言われるのだが、2人で3食全て外食なら割と節約出来ている方じゃないかなと思っているんだが…どうだろう😅? 

食費の内訳_4カ月目

さっきのように月ごとに並べてみよう。

  • 3月(1カ月目): 681台湾ドル
  • 4月(2カ月目): 745台湾ドル
  • 5月(3カ月目): 614台湾ドル
  • 6月(3カ月目): 738台湾ドル

食費に関してはそれほど大幅に下げられるとは思っていない。それは今でも十分節約していると思っているからだ。ほぼローカル食堂に行っているし、ローカル食堂の中でも割と安めのお店に行っていると思っている。

上の宿泊費用の面でも書いたが、ザ・グランドホテル台北に宿泊した時に、そこで高級飲茶レストランで贅沢ランチをいただいてしまった…😜 

反省と今後に向けて

4カ月目の滞在費用はスゴイことになってしまった…。ただ、実はこれは予定通りで一時帰国に合わせて、最後に台北で贅沢してしまおう!と思っていたことが大きな原因だ。そして実は次回以降は滞在費が恐らく下がることは確定している…⁉ 理由はコチラ↓

ただし、3カ月間ほど滞在してみて、結局のところ宿泊費用をどうするのか、というのが海外滞在中の節約術だということがよく分かった。あとはもう誤差みたいなものだ。そう考えてみると、台湾の中で極端に物価が高いと言われている台北で過ごしているこの3-4カ月が、生活費が一番高くなるはずなので、これからは生活費が下がる!…はず👍

台湾での生活費・滞在費を公開!台北生活3か月目。

一時帰国から戻ってくる時には台北ではなく南の高雄に行くからだ😲 台北は台湾の中で突出して物価が高いと言われているそうで、色々な人に聞いてのイメージだとザっと2割くらいは生活費を削減できる気がしている👍 このあたりのことを次回以降にご紹介できればと思っている。

※台湾の生活費は【⇒こちらのページ】に毎月ストックしていくので、ご興味ある方はご覧いただきたい。

コメント

タイトルとURLをコピーしました