リバーサイドホテル エセティックス♪高雄でジャクジー付きの部屋

リバーサイドホテルのエントランス03 高雄

ニーハオ、xilinです。

リバーサイドホテル エセティックス (河堤美學商旅九如館)に宿泊しました。高雄駅から徒歩で10分ほど離れた場所にあるのですが、どうしても来てみたかったホテルの1つ👍 今回はそんなリバーサイドホテル エセティックスのご紹介です。

スポンサーリンク

リバーサイドホテル エセティックスの部屋

普段はよくHotels.comを利用しているのですが、今回はBooking.comを利用しました👍 「ダブルルーム スパバス付」という部屋で、リバーサイドホテル エセティックスの中では1つとは言わず2つも3つもグレードをあげたお部屋です😲 このホテルは一番小さな部屋でも21㎡の広さがあるので、2人でも十分リラックスして過ごすことが出来る広さですが…、今回のお部屋は驚きの29㎡‼ 当然ちょっと高めなんです…。

どうしてそんなお部屋を選んだかというと…、

お部屋の名前を見たら気づきましたよね…⁉ 

そうです、なんと普通のホテルなのに、この部屋には…、

スパバス(ジャグジー)が付いているんです😍

まさか高価なシティホテルじゃなくてもジャグジー付きのお部屋があるなんて!

部屋の様子

リバーサイドホテルのお部屋の写真です。まずはお部屋の全体が分かるようなパノラマ写真をどうぞ👍

リバーサイドホテルの部屋01_2
お部屋をパノラマで撮影

ダブルベッドの奥に4人くらいで腰かけることが出来るソファ+αのスペースもあり、ゆったり長めのデスクもありで、すごくいい感じ👍 この写真を撮影している場所にはもっとスペースがあって、すごくゆったりとくつろげる空間があります。さすが29㎡の部屋は違う!

リバーサイドホテルの部屋01_1
今度はパノラマではなく普通の写真で

台湾のホテルは割とどこでもそうですが、部屋が暗め。リバーサイドホテルも同じく少し暗めのお部屋でした。カーテンを開ければもちろん明るいんですけどね😅

リバーサイドホテルの部屋02_1
ベッドは恐らく170㎝幅くらい

掛け布団が薄めでエアコンがガンガンについている高雄のホテルだと妻は少し寒かったそう。ホテルの人に言ったら、快くブランケットを持ってきてくれましたよ👍

リバーサイドホテルの部屋03
デスクも広めで2人で並んでパソコンを開くことが出来る広さ

では私たちの待望のバスルームに移っていきます!

リバーサイドホテルのバスルーム01
こちらがバスルームの全景パノラマです

バスルーム全体が広い!

リバーサイドホテルのバスルーム02

トイレは残念ながら紙は流せないもよう。これを見るといつも妻はガックリです🤣 高雄は割と紙が流せないホテルが多いように思います…。

リバーサイドホテルのバスルーム03
洗面台が使いやすかった!手前が広めに使える仕様で顔を洗う時などに、水が下にこぼれる心配が少ない
リバーサイドホテルのバスルーム05
おお…、
リバーサイドホテルのバスルーム04

そして私たちが勝手に妄想していた通り…、

お風呂も大きい😍そしてジャグジー😍

写真だと伝わりづらいかもしれませんが、大人2人が並んで入れる大きさです👍 そして「気が利いてるじゃん!」と思ったのは、バスタブにチョコンと乗った入浴剤😲 

当然、入浴剤をいれますよね!👍

リバーサイドホテルのバスルーム04_2

いい!!!

アメニティ類

リバーサイドホテルのアメニティ01
スナック菓子もついてます!
リバーサイドホテルのアメニティ02
ミネラルウォーターは毎日2本
リバーサイドホテルのアメニティ03
冷蔵庫の中には毎日コーラが2本👍
リバーサイドホテルのアメニティ04
石鹸、歯ブラシ、カミソリ、ヘアバンドなどは揃っています
リバーサイドホテルのアメニティ05
残念ながら今回もリンスやコンディショナーはナシ

ホテルのロビー

特に驚くポイントはありませんが、ロビーです。

リバーサイドホテルのロビー03

広い待合室がロビーの奥に用意されていました。

リバーサイドホテルのロビー01

!!!

リバーサイドホテルのロビー02

!!!

変な置物が😲 …まあ、ロビーのポイントと言えば、この置物くらいでした。これの表情もまたユニークだったので、もしも来ることがあれば確認してみてください👍

朝食ビュッフェ

朝食会場は地下1階になります。朝の10時まで。会場はすごく大きな空間に、ゆったりとした感じで、座席とお料理が並べられていました。

リバーサイドホテルの朝食会場02
リバーサイドホテルの朝食会場01

提供されている朝食ビュッフェは台湾のお料理でした。毎朝同じものが提供されるホテルが多い中で、リバーサイドホテルは割と変化があって良かったと思います👍 

リバーサイドホテルの朝食01
リバーサイドホテルの朝食03
リバーサイドホテルの朝食02
リバーサイドホテルの朝食06

個人的に残念だったのはサラダの種類です…。サラダは毎日同じものが提供されていました。レタスとコーン、ポテトサラダ、キュウリ、ゆでたまごと言った感じ。これだと私たちが必要なビタミンがほとんど取れないんです…😨 今までのほとんどのホテルではこれに追加でブロッコリースプラウトと豆苗というかなり栄養価の高いものがあったのですが…。まあ2-3日の旅行に来る人にはほぼ関係ないのですが、私たちのように長期で滞在しようと思った時に重要なポイントですね。

リバーサイドホテルの朝食08
台湾の朝食の定番、お粥とそのトッピング
リバーサイドホテルの朝食05
豆漿はあったかいものと冷たいものを両方提供していました
リバーサイドホテルの朝食07
パンとフルーツ

パンの種類は多くてだいたい5種類くらいが提供されていました。パンは毎日同じものでしたね。フルーツの種類は少なくて2種類ですが、ちょいちょい変化があって楽しめました。私たちが滞在した時にはパイナップルとドラゴンフルーツ、スイカ(赤と黄)の3種類がありましたよ👍

その他のサービス

お部屋の中にはなかったけれど、建物内にあったサービスを追記しておきますね。

無料のランドリーサービス

ランドリーはロビー階に用意されています。洗濯機は無料。乾燥機は30元で利用できるようでした!洗剤も無料で置いてありましたよ。長期滞在もしやすい環境だと思います。

リバーサイドホテルのランドリー01

無料のウォーターサーバー

ウォーターサーバーはロビー階と、恐らく各階に設置されています(私たちが宿泊した7階には設置)。

リバーサイドホテルのウォーターサーバー01
ロビー階のウォーターサーバー
リバーサイドホテルのウォーターサーバー02
ロビー階には無料でティーパックの用意もあり

これは初めてですが、1階のロビー階では、お茶のティーパックとインスタントコーヒーが無料でセルフサービス提供されていました。ここから取らなくてもお部屋を掃除してもらえば毎日追加してくれますが、もしも1日に何杯もお茶やコーヒーを飲む人がいたら重宝するサービスなのかもしれません。

リバーサイドホテル エセティックスの価格

普段はHotels.comを利用しているのですが、Booking.comを利用しました👍 実は宿泊金額は、1泊100円くらいHotels.comの方が安かったのですが、Booking.comの上級会員である「Genius会員」になろうと思っているので、1泊100円くらいならいっか👍 ってことで、Booking.comを使いました。

それでは、「ダブルルーム スパバス付」の宿泊費用をご紹介です!

※Booking.comで予約した価格です

【ダブルルーム スパバス付】×4泊
4泊滞在:TWD 6,270 (≒21,731円)
税サ料 :TWD 972 (≒3,369円)
合計料金:TWD 7,242 (≒25,100円)
1泊平均:TWD 1,810 (≒6,275円)

↑のように、Booking.comは日別の宿泊費用が表示されません。そこで今回も、同時間帯にHotels.comで確認した日別の料金を参考までに共有しますね。

水曜日:NT$1471.30 (≒5,098円)
木曜日:NT$1471.30
金曜日:NT$1471.30
土曜日:NT$1784.35 (≒6,182円)
税サ料:NT$929.75 (≒3,220円)

合計料金はNT$7,128 (≒24,684円)
1泊当たり2人(税込)で平均¥6,171円!

あくまで個人的な意見ですが…、

平日1泊5,000円でジャグジー付きって格安で最高じゃん👍

と思いませんか?

宿泊してみて感じた長所と短所

リバーサイドホテル エセティックスを選んだ理由はジェットバスだけだったのですが、実際に宿泊して感じた点をまとめますね。

◆良かった点

  • やっぱりジェットバス最高👍
  • 施設全体もお部屋もキレイで清潔👍
  • 1番狭い部屋でも21㎡と平均よりも広め、ジェットバスの部屋は29㎡で超快適👍
  • ジェットバス付き、朝食付き、2人で約5,000円と格安👍
  • ホテルの無料シャトルサービスが素敵👍

◆微妙だった点

  • トイレの「紙を流しちゃダメよ」表記…。実際には水に溶けるティッシュを持っているので流しましたが…。
  • 最寄りの高雄駅から徒歩10分くらいと若干離れている…。
  • 英語が出来る人も数人いたようだが、中国語以外だとなかなかコミュニケーションがとり辛い…。

リバーサイドホテル エセティックスを予約する

リバーサイドホテル エセティックスを予約する時は、スパバス(ジャグジー)付きの部屋で決まりです👍 他にももう少し安めの部屋がありますが、違いは1泊1,000円くらいの違いです。ここの予約はスパバス付の部屋一択です、悩む必要ありません(キッパリ)😤

ホテル周辺のおすすめグルメ・観光地

こちらは現在準備中です!

リバーサイドホテル エセティックスの立地とアクセス

リバーサイドホテル エセティックスは高雄駅から徒歩10分と若干離れているものの、隣にセブンイレブンもあり便利です。また、ホテルから無料のシャトルサービスも用意されているため、このあたりのポイントはホテルが改善したんでしょうね👍 

【リバーサイドホテル エセティックス (河堤美学商旅)】
 住所 :高雄市三民區安東街23-1號
最寄り駅:高雄駅
公式Web:残念ながら見つかりませんでした。

※私たちが宿泊してきたホテルは【⇒コチラ】にまとまっているので、他のホテルを探したい場合には参考にしてみてください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました