花蓮リシウアンホテル♪

リシウアンホテルの部屋01 花蓮

ニーハオ、xilinです。

リシウアンインターナショナルホテル花蓮(麗軒國際飯店)に宿泊しました!クラシックで伝統的な高級感のあるホテルで、とても居心地の良い場所でした。

リシウアンホテルは、花蓮の中心街から車で10分弱くらい離れた静かな場所にあります。正直言って、便利な場所とは言いづらい場所ですが、面白いことに、花蓮で少し高級なホテルを探そうと思うと、このエリアに行きつくようです。他にも周辺には、シャトー・デ・シン(花蓮翰品酒店)や花蓮フーロンホテル(福容大飯店 花蓮)、パークビューホテル(美侖大飯店)など、中心街よりも格式の高いホテルが複数ありました。

よくよく地図を見ると、花蓮空港から見れば現在の中心街よりも少し近い位置にありますし、海に出るための花蓮港などもすぐそこにあるため、ひょっとしたら一昔前にはこちらの方が花蓮の中心だったのかもしれないな~などと考えてしまいます。

スポンサーリンク

リシウアンホテル花蓮(麗軒國際飯店)

リシウアンホテルは、花蓮の中では伝統のあるホテルとして位置づけられていて、花蓮の街の人(例えばタクシーの運転手さん)に聞くと、ほとんどの人が知っているホテルだそうです。そうは言っても花蓮はホテル代が安いこともあって、平日だとリシウアンホテルはだいたい1泊5,000円~5,500円くらいから宿泊可能です…、安いっ😲 これだけ安いと、私の中ではコスパ最高の格安ホテルとして認定ですっ👍 では、実際の写真などもご紹介します。

部屋の様子 – スタンダード ファミリールーム

実はアップグレードしていただきました👍 

予約していたお部屋は「スタンダード ツインルーム(22㎡)」という恐らく一番安い部屋だったはずなのですが、「スタンダード ファミリールーム(25㎡)」という4人で宿泊出来てしまう部屋に宿泊😲 毎度思いますが、平日に1泊か2泊くらいの宿泊をすると、かなりの高確率でお部屋をアップグレードしていただくことが出来ます😆 覚えておくといいと思いますよ!

リシウアンホテルの部屋00

部屋に入ると、陽の光がまぶしいお部屋に、普通のダブルベッドよりも大きなキングサイズのベッドが2つ並んでいました😲 さすが普段は4人で宿泊できるお部屋ですね~、ここで2人で宿泊できるなんて贅沢👍

奥には小さな袖テーブルを囲むように椅子が2脚。写真には写っていませんが、写真を撮影した場所のあたりにデスクと荷物置き場などがありました。

リシウアンホテルの部屋01_1

ベッドは2人でもしっかり眠ることが出来るサイズ。普通のダブルベッドよりも確実に大きなサイズでした。ちなみに、掛け布団のフカフカ具合が最高で、2人ともメチャクチャ良く眠ることが出来ました👍

リシウアンホテルの部屋02

デスクもなかなか良い広さがあって使いやすい。隣の少し背の低い荷物置きもいい感じ。

1点だけ厄介だったのは、机に電源が3つもあって歓喜したのですが、実は2つは電圧が220Vで日本製が使えない…。結局デスクの電源は1つだけしか使えなかったのが痛いポイントでした。もちろんデスク以外にも電源はあるので大丈夫ではありますが…。

リシウアンホテルの部屋03

部屋を反対側から見た感じ。部屋が広く、まだまだスペースに余裕があるのが分かると思います。私たちはスーツケースを2つ抱えて移動しているのですが、2つとも開けっ放しでいられましたよ👍

リシウアンホテルの眺め01

↑こちらは部屋からの景色です。殺風景なのが何となく分かるかと思います…😅 1つだけカラフルな建物が見えると思いますが、それが花蓮で有名なホテル『シャトー・デ・シン(花蓮翰品酒店)』です。台湾出身のジミーさんという世界的な絵本作家の世界観をホテルにちりばめているそうです。お子さん連れの家族旅行などにはピッタリかもしれませんね!

↓それではバスルームへ。

リシウアンホテルのバスルーム01

リシウアンホテルのバスルームはいたってシンプルな造りで、非常に清潔な印象を受けました👍 部屋全体についても言えますが、リシウアンホテルの清潔感は台湾の中ではかなり高い方だと思います。ちなみにウォシュレットではありませんが、紙は流しても大丈夫👍

リシウアンホテルのバスルーム02

洗面所についてもシャワーについても言えますが、蛇口をひねるとすぐにお湯が出てくるのも台湾では珍しい…。水圧も水温も一定でしたし、コマめに管理・メンテナンスをしている様子が伝わってきました。

アメニティ類

一般的なものが全て揃っていました。特に驚くようなものはありませんでしたね。

リシウアンホテルのアメニティ01

人数分のミネラルウォーターと、インスタントコーヒーにティーパック。ちなみにインスタントコーヒーはミルクと砂糖入りの甘めのタイプ…。

リシウアンホテルのアメニティ02

歯ブラシやクシ、カミソリ(シェイビングクリーム無し)にシャワーキャップや綿棒など。

リシウアンホテルのアメニティ03

いつも通り、シャンプーとボディーソープはありましたが、リンスやコンディショナーはありませんでした。

朝食ビュッフェ

朝食は1階のロビー階でビュッフェ形式で食べることが出来ます。ちなみにリシウアンホテル花蓮では朝食が無料(はじめから部屋代に含まれています)です。

リシウアンホテルの朝食会場02

ロビー階は大きなガラス窓で囲まれているので、陽の光がとても明るい雰囲気の良い朝食会場でした。平日はほぼ貸し切り状態だったので少々心配しましたが、土日には人も多く入っていました。

リシウアンホテルの朝食02

朝食自体は他のホテルと比べてそれほど大きな違いなどはありませんでしたが、比較的種類も多く味付けも美味しかったです。

リシウアンホテルの朝食06

私たちが好きな朝食のサラダの種類も多くて有難い…。台湾のホテルだとサラダとしてよく用意してあるのが、スプラウト・紫キャベツ・豆苗あたりですが、その他にセロリ・トマト・石蓮花なども用意されていました。これだけあれば、朝食の栄養はバッチリでしょう👍 台湾で外食ばかりしていると、どうしても栄養が気になってきますので…。

リシウアンホテルの朝食03

豆漿はどんなホテルに行ってもあるので、ほぼ毎日いただいているのですが、台湾のホテルで久しぶりに見たのが米漿(写真の左)。お米とピーナッツから作った飲み物ですが、けっこう甘い😅 甘くて最初は苦手だったのですが、私はすっかり慣れてきたのか、これが美味しく感じるんです…👍 最近は豆漿と混ぜて飲んだりもしています。

屋上の展望台とプール

予約してから気づいたのですが、なんとリシウアンホテルには屋上に展望台とプールがあるとのこと😲 高級ホテルにしかないと思っていたプールがこんなところに…。

私たちが宿泊した日は曇ることが多かったので、撮影チャンスがあまりなかったのですが…。

リシウアンホテルの屋上_広場

↑屋上は宿泊客に開放されていました。屋上にあがると始めにランドリーがあり、ランドリーを超えると広場に出ます。花蓮には背の高い建物がないので、10階建てのリシウアンホテルの屋上からは街がキレイに見えるだろうな~…。

リシウアンホテルの屋上_展望台

↑展望台からの眺め🤣 上の写真が展望台になります。向こうの方に少しだけ海が見えるのが分かりますでしょうか…? ひょっとしたら、昔はもっと建物がなくて海まで一望出来たのかもしれませんね! 今は1月上旬なので屋外プールには入りませんが、どんなところなのか見に行くと…。

リシウアンホテルの屋上_小さなプール01

↑プールというか…、少し広めの家族風呂に近い感じ🤣 というわけで、リシウアンホテルでは屋上には来なくてもいいかもしれません👍

その他のサービス

リシウアンホテルのサービス01_ウォーターサーバー

1つ目。各階に備え付けられたウォーターサーバーです。私たちは水をよく飲む方なので、かなり重宝します。台湾のホテルでは一般的な設備だと思うのですが、各階に設置されているところはかなりレア。いちいちロビー階まで水を汲みに行くことが多く億劫なので、リシウアンホテルは優等生です👍

リシウアンホテルのサービス02_ランドリー

2つ目。屋上階に備え付けられたランドリーです。洗濯機・乾燥機がともに有料で50台湾ドルでした。ランドリーは長期滞在者には有難い存在ですよね。

リシウアンホテルのサービス03_自転車

3つ目。自転車を無料で貸してもらえます。既にお伝えしているように、リシウアンホテルは花蓮の中心街から少し離れたエリアにあります。車やバイクがあれば別ですが、日本人ではなかなか難しいと思うので、自転車は有難い存在👍 中心街までだと、少し坂がありましたが、自転車でだいたい15分くらいでしたので、日頃の運動不足解消にでも自転車移動してみてはいかがでしょう?

宿泊して感じた長所と短所

◆良かった点

  • アップグレードしてくれました👍 部屋が広くて使いやすい👍
  • ベッドマットの硬さがピッタリでグッスリ眠れた👍
  • シャワーの水圧や水温が一定で使いやすい👍
  • フロントのスタッフさんに日本語の上手な人がいる👍
  • wifiがすごく強くて良かった👍

◆微妙だった点

  • 花蓮の駅と空港からは遠く徒歩圏ではない…。
  • 花蓮の街の中心部から離れていて食事をするのにタクシーなどで出かけることになる…。
  • デスクの電源が220Vがメインで使いづらい…。

ホテルの価格と予約サイト

リシウアンホテルのロビー01

リシウアンインターナショナルホテル花蓮(麗軒國際飯店)は移動がタクシーや車になることが気にならない人であれば、個人的には超おすすめ出来る花蓮のホテルです。広くて清潔な気持ちの良い部屋に格安で宿泊できるのは最高の魅力です👍 ちなみに「花蓮の中心街に宿泊して、徒歩で移動したい」という人には花蓮ベイヤーホテルがオススメなので、よければ合わせてご確認ください。

リシウアンホテルが気になる人は下に予約サイトを集めたので、予約サイトの写真や口コミなども参考にしてみてくださいね👍

⇒エクスペディアで写真と価格をチェック!

⇒Hotels.comで写真と価格をチェック!

⇒アゴダで写真と価格をチェック!

⇒楽天トラベルで写真と価格をチェック!

念のため、全ての予約サイトを確認されることをオススメします。同じホテル、同じ部屋でも料金が違うことがあるので、私たちはほぼ全て確認するようにしています👍

花蓮リシウアンホテルの地図とアクセス

リシウアン インターナショナル ホテルですが、駅や中心街から離れていて少々使いづらい面もありますが、ホテルの前にセブンイレブンあるので、大抵の不便は解決できます。花蓮の東大門夜市に行ったり、どこか観光に行く時にはタクシーを使うようにすれば、(中心部までタクシーで5分くらいなので)特に大きな問題はなさそうでした👍 

そんな立地とは別に、ホテルの設備面と料金から見ると、花蓮の中ではかなりコスパの高い最高ホテルです。もしも機会があったら、是非使ってみてください😁

【リシウアン インターナショナル ホテル (麗軒國際飯店)】
 住所 :花蓮縣花蓮市中美路99-1號
公式Web:http://www.lishiuan.com/lishiuanjp/about.php

花蓮の現地ツアーやお得な情報

台湾の西海岸沿いの街は鉄道やバスなどの交通網が発達していて非常に便利です。ですが、少し調べると分かるのが、東海岸沿いの街(宜蘭・花蓮・台東など)は、交通網が発達していない上に、1つ1つの観光地が離れていて観光しづらいことが分かってきます。

観光客としてレンタカーなども借りずに花蓮を満喫するなら、現地ツアーに参加して観光するのが良さそうです…、というか、ほぼ必須です(笑) 私たちもようやく最近になって参考にし始めた予約サイトを下に並べてみました↓

⇒ベルトラで花蓮の現地ツアーやお得な情報をチェック

⇒kkdayで花蓮の現地ツアーやお得な情報をチェック

それでは素敵な台湾観光・花蓮観光をお楽しみください♪

コメント

タイトルとURLをコピーしました