台北の格安ホテル・ファンリンセンが駅近でコスパ良くて驚いた!

台北ホテルファンリンセン_休憩所04 宿

ニーハオ、xilinです。

ホテル ファンリンセン(趣旅館 林森館)に宿泊してきたので、こちらに詳しい口コミを残しておきます👍

東京や大阪から旅行で台北に遊びに来ると何も感じないと思うのですが、実は台湾の中で台北という場所はすごく物価の高い街です。普段、台北以外の街にいると「台北はホテルが高すぎて旅行に行けない!」と思ってしまうレベル。実際にしばらく台湾の南を満喫してきた私たちが言うのですから間違いありません😤 

そんな私たちが見つけた台北の格安ホテルが今回の『ホテル ファンリンセン(趣旅館 林森館)』になります!

スポンサーリンク

ホテル ファンリンセン

ファンリンセンは台北の中心エリアから2-3駅ほど北にある中山国小駅から歩いて3分の場所にあります。2人で朝食付きで宿泊して、平日なら4,000円、土曜や休日なら6,000円といったところでしょうか。格安で台北旅行を考えている人たちには超おすすめ出来るホテルです👍

外観とロビーの様子

ホテルの外観はこんな感じ↓ 

ホテルファンリンセン_外観01
ホテル ファンリンセンの外観

中山国小駅から歩いてくると、POYAというチェーン店(ドラッグストアのようなコンビニのような店)の隣にあるので見つけやすいと思います。

ホテルファンリンセン_フロント01
ホテル ファンリンセンのフロント

ホテルの中に入ってみると、ずいぶん賑やかな装飾がたくさんありました。フロントやロビー、それからホテルの中をザっと見渡すと、ホテルというよりもホステルやゲストハウスの雰囲気…。どうやら、個室も備えているゲストハウスらしく、ドミトリータイプの部屋もあるとのこと。館内には多くの交流向けスペースがあったので、ゲストハウスが嫌いな人には向かないかもしれません。私たちも普段好んでゲストハウスを選ぶタイプではないのですが、台北で格安ホテルは少ないのでこちらで我慢😓 ただし、実際に宿泊してみると、格安で快適な滞在が出来ましたよ👍 今後はゲストハウスも選択肢に入れてみてもいいかもしれません。新しい世界を知ることが出来ました!

部屋の様子

私たちが予約したのは個室のツインルームです、部屋の様子を写真で紹介しますね。

台北ホテルファンリンセン_部屋01_1
部屋の全景を撮影したパノラマ

部屋に入って窓側にベッドが2つ並べられ、写真右側の壁の方に細長いデスクが置かれてい形式。

見て分かっていただけると思いますが、広い部屋ではありません。ですが、普通に2人で眠るスペースとしては十分でした。私たちはスーツケース2つで移動していますが、そのスーツケースも何とか2つとも広げておけるスペースがありましたので十分です👍 

台北ホテルファンリンセン_部屋02

通常の大きさのシングルベッドが2つ。細かいことですが、私たちの中で細かいチェックが入ることの1つに電源があります。

台北ホテルファンリンセン_部屋03

特にベッドの横に電源があるのは重要ポイントですが、このポイントもクリア👍 なかなかいいですね。

ファンリンセンで一番ユニークだったのが電話機。

台北ホテルファンリンセン_部屋04

この電話機、なんと電話機としてだけでなく、空調コントロールと部屋の電気のON/OFF、それから部屋の掃除をお願いするボタンも、コレ1台でセット出来てしまう優れモノ😲 使い方を理解するのにちょっと手間取りましたが、理解してしまえば大丈夫。

バスルームは…、コンパクトな造りでしたが、バスタブこそなかったものの、キレイでシャワーの水圧もよく、排水の問題もありませんでした👍 率直に言って使いやすかったです! 

ホテルファンリンセン_バスルーム01_1

よく妻が問題にする「トイレットペーパーを流さないで!」という貼り紙もありませんでした。

ホテルファンリンセン_バスルーム02

シャワールームも全く問題なし👍 もしも部屋の写真をもっと見たい人には、エクスペディアかアゴダなら部屋ごとに写真が整理されていて見やすいですよ。

⇒エクスペディアで部屋の写真をチェック
⇒アゴダで部屋の写真をチェック

アメニティ類

気にしていたアメニティも、普通のホテルと同様のものがちゃんと揃っていました。掃除の際にもきちんと全て補充されていましたよ。

ホテルファンリンセン_アメニティ01

電気ケトル、ミネラルウォーター、インスタントコーヒーにティーパックがデスクの上に揃っています。

ホテルファンリンセン_アメニティ02

ちゃんと歯ブラシやクシ、カミソリなどの水回りのものまで全て完備されていて最高👍 ゲストハウスってこういうものは全くない印象でした。

ホテルファンリンセン_アメニティ03

当然と言えば当然ですが、シャンプーとボディーソープはありますが、リンスやコンディショナーはありません。台湾では普通のホテルでさえ、シャンプーとボディーソープしか置いていないので、これは仕方ないですね。

ホテルの設備

お部屋の中には無かったけど、ホテル内にはあったサービスをや設備をご紹介します。

無料の交流スペースや遊具など

さすが、基本がゲストハウスなので、広くてゆったり出来る交流スペースがたくさんありました。

ホテルファンリンセン_休憩所02

2階にあった大きなスペースにはゆったり座ることの出来るソファがたくさん。写真には写っていませんが、隅の方には電動のマッサージチェアも3台ありました😲 常に誰かが使っている人気の場所になっていて、私たちは残念ながら使う機会がなかったです…。

ホテルファンリンセン_休憩所04

ロビーにはビリアードの出来るスペースもありました。宿泊客が交流するには最高のゲームですね!

無料のウォーターサーバーやドリンク

無料でオレンジジュースを提供しているのは素晴らしいですね!味はちょっと甘かったですが、けっこう美味しかったですよ👍

朝食ビュッフェ

朝食はビュッフェが用意されていました。部屋を予約すると、既に無料で朝食サービスが含まれているようですね。当然ですが食事は食べても食べなくてもいいです。台湾に来る目的がグルメだという人は多いと思いますので、外に朝食を食べに出かける人も多かったようです。

ホテルファンリンセン_朝食会場01
朝食の会場は細長い
ホテルファンリンセン_朝食会場02_1

正直言って、朝食は無料ということもあって、全く期待していなかったのですが、他のホテルと比べても特に見劣りするようなことはありませんでした😲 

ホテルファンリンセン_朝食04

台湾料理がだいたい5-6種類並ぶようです。それに加えてサラダ↓

ホテルファンリンセン_朝食03

お粥やスープなども↓

ホテルファンリンセン_朝食05

写真は撮らなかったのですが、トーストやご飯などもありました。「すごく美味しい!」というほどではなかったですが、台北でこの価格帯で宿泊して食べられる朝食としては良かったように思います。

宿泊して感じた長所と短所

良かった点と微妙だった点をまとめてみますね。

◆良かった点

  • ホテルと言ってよいか分からないものの、台北のホテルとしては破格の安さ👍
  • 破格の安さの割には、部屋もキレイで広さも問題なし👍
  • トイレに紙が流せる👍
  • MRT駅に徒歩3分ほどと近く、台北の移動に便利👍
  • 他の宿泊客との交流が欲しい人やオープンマインドの人には最適なホテルの1つ👍

◆微妙だった点

  • 防音設備のしっかりしたホテルではありません…。
  • 部屋のデスクが小さくノートパソコンを使うスペースとしては狭い…。そういうためのデスクとして設置されていないということですね…。
  • Wifiがあるにはあるものの、接続しても電波が悪くあまり使えない…。

ホテル ファンリンセンの価格と予約の仕方

ホテルファンリンセン_休憩所01

何度も言いますが、台北の個室ホテルとしては破格の値段です!ファンリンセンより安いホテルはもちろんありますが、個室じゃなかったり、朝食もないし、口コミの点数も悪いし…、みたいなホテルになると思います。私たちのように、『あくまで個室にこだわり、出来れば朝食もついていて、且つ、台北の移動に便利な格安ホテル』という甘い考えでホテルを探している人には、ファンリンセンはかなりオススメ出来ますよ👍

ファンリンセンは多くの予約サイトで予約できるようですが、私が見た時にはHotels.comが一番安かったです。誤差程度の価格の違いでしたが、何となく損した気持ちになるのはイヤですよね。念のため、全ての予約サイトを確認していただいた上で決定してくださいね👍

⇒エクスペディアで価格をチェック
⇒Hotels.comで価格をチェック
⇒アゴダで価格をチェック
⇒楽天トラベルで価格をチェック

ホテル ファンリンセンの立地とアクセス

台北のMRT中山国小駅から歩いて3分の場所にあります。周辺にはコンビニや飲食店、POYAもあって非常に便利でした👍 格安で台北旅行を考えている人たちには超おすすめ出来るホテルです👍

【ホテル ファンリンセン(趣旅館 林森館)】
 住所 :台北市中山區林森北路487號
公式Web:http://www.hotelfuntw.com/jp/home.php

コメント

タイトルとURLをコピーしました