エバーグリーンローレルホテル台中♪おすすめの部屋【2019クチコミ】

エバーグリーンローレルホテル台中の外観01 台中

ニーハオ、xilinです。

エバーグリーンローレルホテル台中 (長栄桂冠酒店台中) に宿泊しました!1993年に開始した台中の老舗ホテルで、地元の高級ホテルとして有名です。私たちが宿泊したのは平日でしたが、アジア系から欧米系まで、団体のツアー客(日本人と中華系)もいれば個人客、ビジネスマンぽい人たちなどもいて色々な人から支持されているホテルでしたよ👍

ちなみに、フロントでチェックインする時には日本語の堪能な人がいたので、英語を使う必要もありませんでした。また、ロビーにいるホテルマンの皆さんはお客さんのことをよく見ていて、こちらが何かドギマギしていると、気さくに話しかけてくれる人が多かったのが驚きです😲 ホテルマンとしてのレベルが皆さんすごく高い人たちでした!

スポンサーリンク

エバーグリーン・インターナショナル・ホテルズ

確認したところ、エバーグリーンローレルホテルは、世界で7ホテルを運営している高級ホテルチェーンでした!台湾国内では台中の他に、台北、台南、基隆で運営しているそう。更に、台湾旅行が好きな人ならご存知のエヴァー航空のグループ会社だそうですよ😲 日本で言うところの日航ホテルやJALホテル、ANAホテルのようなホテルなんですね!

エバーグリーンローレルホテル台中の部屋の説明03
エヴァー航空の模型

航空会社のホテルだから、ということでもないのでしょうが、エバーグリーンローレルホテル台中には多くのVIPが宿泊しているようで、ホテル内のいたるところにサインの書かれたプレートが飾られていましたし、ホテルの歴史の書かれた年表も飾られていますので興味がある人は館内を回ってみてはいかがでしょう😁

ローレルフロアのスーペリアルームに宿泊

先にお伝えしておきますと、私たちは無料アップグレードしてもらいました👍 後ほど詳しく紹介しますが『ローレルフロアのスーペリアルーム』という部屋に宿泊させてもらいました。何と一番上の階です😲 では、部屋の写真からご紹介しますね!

部屋の様子

残念ながらホテルに到着したのが遅くなってしまったので、部屋に入った時には暗い写真しか撮影することが出来なかったのですが、こちらが『ローレルフロアのスーペリアルーム』の全体です!

エバーグリーンローレルホテル台中の部屋01_3
部屋の全体が見えるようにパノラマ撮影

う~ん…、
広くて快適😆

いつも私たちが宿泊しているお部屋の倍近くあるんじゃないでしょうか。全体的に落ち着いた色遣いで部屋が統一されて高級感が出ていて最高ですね👍 一発で好きになりました! 

「暗くてよく分からない…」と思った貴方のために、お部屋の掃除をしていただいた直後の様子を撮影してみました↓

エバーグリーンローレルホテル台中の部屋01_4
お部屋の掃除をしてもらった直後の様子

陽の光が差し込んでとても明るい部屋です👍 

ベッドも寝心地が良く、ホテル滞在中には、ついダラダラしてしまいたくなる困ったベッドでした😅 2人で寝ても十分余るくらいの大きさです! ベッドもそうですが、お部屋の中の家具(インテリア)は、あたたかい色の木製で統一されていて、滞在中には部屋の中が暖かくて落ち着く感じがします(つまりダラダラとしてしまいます(笑)。高級なインテリアってスゴイですね!

エバーグリーンローレルホテル台中の部屋02
エバーグリーンローレルホテル台中の部屋03
高級感のあるデスクと椅子
エバーグリーンローレルホテル台中の部屋04

今まで台湾に滞在していて初めて見た部屋に専属のプリンター😲 この部屋はどうやらビジネスマンをイメージに用意された部屋なのかもしれませんね。

そして隣に用意された体重計も久しぶり! ここで妻が自分の体重を図って悲鳴をあげていたのは言うまでもありません…。台湾に半年以上滞在すれば、私も少々のことは理解しましょう🤣 

エバーグリーンローレルホテル台中の部屋05
高級ホテルによくあるオットマン付きのソファー

私はこのオットマン付きのソファーが大好きで、これがあるとボーっと雲の流れを眺めることが多くなります。

もっとたくさんの写真を見たい人は、エクスペディアかアゴダの写真が確認しやすかったです。どちらも部屋ごとに複数の写真を見やすく配置しているので、写真を見る時にオススメです👍↓

⇒エクスペディアで写真をチェック!
⇒アゴダで写真をチェック!

アメニティ類

アメニティもさすがの高級ホテル仕様ですよ👍

エバーグリーンローレルホテル台中のアメニティ01

必要なものは一通り揃っています。ここで驚いたのは電気ポットの大きさ😲 いつもは1リットルちょっとくらいしかお湯を沸かせないのですが、この電気ポットは一気に3リットルですよ…っ!と言っても、響く人は限られるかもしれませんね…。私たちはホテルでお茶とコーヒーをよく淹れるので、たくさんお湯が沸かせるのは有難いのです😅

エバーグリーンローレルホテル台中のアメニティ04
冷蔵庫のものは無料で毎日補充してくれる

冷蔵庫にある無料の缶ジュースもいいですね~👍 毎日補充してくれていました。

エバーグリーンローレルホテル台中のアメニティ02
女性が欲しがるロクシタンのアメニティ

「高級ホテルのアメニティと言えば?」

妻が歓喜したのはコチラのロクシタン😲 シャンプー、リンス、ボディーソープとボディークリームが毎日補充されます…っ!

気になったのは、この金色のパッケージに包まれた歯ブラシの置き方です🤔 何か意味があったのかな…?

エバーグリーンローレルホテル台中のアメニティ03
部屋には毎日フルーツも用意してくれました👍
エバーグリーンローレルホテル台中のアメニティ05
高級ホテルの代名詞バスローブ

朝食はセミビュッフェ

今回すごく良かったものの1つが朝食の「セミビュッフェ」です。「セミビュッフェ?🤔」と思った人もいますよね。セミビュッフェとは、ある程度決まった食事が用意されていて、それにプラスしてビュッフェ形式でもどうぞ、という形式です。例えば今回の私達のメニューは以下のような感じでした。

  • 卵料理(オムレツかたまご焼きか)
  • メイン(肉か魚か野菜か)
  • ビュッフェ

またこの形式が良いのは、通常の朝食会場と別の会場に通されること。大きなホテルだと朝食のビュッフェ会場はすごく広くて人がたくさんいて、ちょっとうるさく感じたりします…。寝起きの機嫌があまり良くない妻などは特に、静かな朝食会場だと助かります🤣 

エバーグリーンローレルホテル台中のVIPの朝食会場01
Chevalier Teppanyaki 夜になると鉄板焼きをやっているレストランが朝食会場
エバーグリーンローレルホテル台中のVIPの朝食会場02
お店の中の大きな鉄板と、それを囲うように席が用意されています
エバーグリーンローレルホテル台中のVIPの朝食会場03
鉄板を囲う席の他にもいくつか席がありました
エバーグリーンローレルホテル台中のVIPの朝食05

今回注文したのは卵料理としてサニーサイドアップ

エバーグリーンローレルホテル台中のVIPの朝食07

メインに野菜のグリル

エバーグリーンローレルホテル台中のVIPの朝食04

その他にビュッフェとして、上の写真のテーブルにあるものを好きなだけとることが出来るというスタイルでした。

エバーグリーンローレルホテル台中のVIPの朝食03

ホテルだと朝食はビュッフェが当たり前になってきているので、なかなか出来立ての料理を食べることが出来ませんが、セミビュッフェだと出来立ての料理がすぐに運ばれてくるので最高です👍 

ホテルのサービス

部屋にあるわけではないですが、ホテル内にあった無料サービスをご紹介します。

ラウンジバーでの無料ドリンク券

エバーグリーンローレルホテル台中のラウンジバー01
エバーグリーンローレルホテル台中のラウンジバー02

ジム、プール、卓球とスカッシュ

世界で戦うビジネスマンは健康にも気を使います👍 私たちは結局利用しませんでしたが、これらの設備は無料で使えるみたいでした。また、かるく見てまわるだけなら声をかければOKみたいでしたよ!

エバーグリーンローレルホテル台中の設備01
台湾で見てきたホテルのジムの中で、かなり広いジムでした
エバーグリーンローレルホテル台中の設備03
肌寒くなってきたので誰も使っていませんでしたが、プールは夜中まで入れます
エバーグリーンローレルホテル台中の設備02
卓球とスカッシュが出来る小さめのコート

エバーグリーンローレルホテル台中の部屋の選び方

エバーグリーンローレルホテル台中を予約する時、恐らく大半の人は首をかしげることになると思います。予約サイト上に部屋に関する説明が不足していて、何がどう違うのか全く分からないんです…。

予約サイトを見ていると混乱すると思いますが、実際には部屋は2つの要素で分けられているだけでシンプルなものでした。予約する時に頭に入れるべきなのは、【部屋の階数】と【部屋の広さ】です。

部屋の種類が多い

基本的には以下の9つの部屋タイプがあると思っておけば間違いありません。予約サイトを見ていると、順番がバラバラに表記されていて非常に分かりづらかったので、整理して並べてみました↓

  • スーペリアルーム
  • デラックスルーム
  • スイートルーム
  • (Executive) スーペリアルーム
  • (Executive) デラックスルーム
  • (Executive) スイートルーム
  • (Laurel) スーペリアルーム
  • (Laurel) デラックスルーム
  • (Laurel) スイートルーム

※細かく言うと、この他にもう1つか2つくらい部屋の種類があるよう(例えば「プレジデンシャルスイートルーム」なんていう巨大で高価な部屋があったりします。)ですが、かなり特殊で選ぶ人も少ないと思うので、ここでは省略しますね。

部屋の階数によって値段が違う

エバーグリーンローレルホテル台中の部屋の説明01
エレベーターで見つけた階数表記

【部屋の階数】:エバーグリーンローレルホテル台中ではそれぞれのフロアごとに名前がついています。客室は5階から15階まで。下にそれぞれの名前を紹介します↓

  • 【REGULAR】レギュラーフロア:5階~9階
  • 【EXECUTIVE】エグゼクティブフロア:10階~13階
  • 【LAUREL】ローレルフロア:14階と15階

予約サイトによってフロアの名前を記載していたり、記載していなかったりして、私は非常に混乱しました🤔 このフロアの名前を知っているだけで予約サイトで表示されている部屋の意味がよく分かると思いますよ👍 ちなみにレギュラーフロアが一番価格が安い部屋で、ローレルフロアが一番価格が高い部屋です。

「高層階というだけなら、別に安くて低い階でいいかな」と思いませんか?実際に私たちはそう思っていたのですが、やっぱり階が違うだけではなく、上の階層になればなるほど、いくつか特典がついてくるみたいです😲 

  • 【REGULAR】レギュラーフロア:レギュラーなので特になし
  • 【EXECUTIVE】エグゼクティブフロア:ラウンジバーでのウェルカムドリンク、部屋のウェルカムフルーツ
  • 【LAUREL】ローレルフロア:ラウンジバーの無料ドリンク券(宿泊日数分)、部屋のウェルカムフルーツ、静かな会場で特別な朝食

正直言って、フロアによる金額の違いは1,000円とか2,000円とかだったので、それほど大きな違いはありません。なので、フロアが高いとか低いというより、特典が欲しいかどうかで選んでみても良いかもしれません。

個人的にはローレルフロアの朝食で私たちは本当に良かったと思っています。エバーグリーンローレルホテル台中に滞在していて思ったのは「団体客が多い」ということです。団体客が多いと朝食会場は戦争になります🤣 実際に朝食を食べるための列に並んだりするそうです…。朝から煩わしいのがイヤな人はローレルフロアを選ぶことをオススメします👍

⇒エクスペディアでお部屋をチェック!
⇒Hotels.comでお部屋をチェック!
⇒アゴダでお部屋をチェック!
⇒楽天トラベルでお部屋をチェック!

部屋の広さによって値段が違う

【部屋の広さ】 当然ですが、広い部屋の方が値段が高い部屋です。部屋の広さはほとんどの予約サイトで記載があったので大丈夫だと思いますが、念のため。

  • スーペリアルーム:29.4㎡
  • デラックスルーム:39㎡
  • スイートルーム:59.5㎡

ベッドやバスルームの大きさに違いはなさそうなので、ほとんどが部屋の余白の大きさになっています。部屋に大きめのソファや数人が談笑出来るようなスペースが欲しい場合には、デラックスルームかスイートルームを選べばよいかと思います。
※エクスペディアのページが部屋の様子を一番確認しやすかったです。

⇒エクスペディアで部屋の写真をチェック!

エバーグリーンローレルホテル台中を予約する

エバーグリーンローレルホテル台中の部屋の説明02
宿泊した15階のローレルフロア

エバーグリーンローレルホテルは台中の中では安いホテルではありませんが、それでも夫婦2人で1泊1万円ちょっとで宿泊できる高級ホテルは、超お得ですよね👍 たまの贅沢にはちょうど良い値段じゃないでしょうか😍

※ちなみに、私たちは今回Hotels.comを使って予約しました。セール価格だったようで他の予約サイトよりも安く予約が出来たからです。いつセールをやっているか分かりませんし、予約サイトによって価格が違ったりするので全ての予約サイトを確認することをオススメします。

⇒エクスペディアで価格をチェック!
⇒Hotels.comで価格をチェック!
⇒アゴダで価格をチェック!
⇒楽天トラベルで価格をチェック!

エバーグリーンローレルホテル台中の地図とアクセス

台中の街のど真ん中に位置するホテルで、台中の中で『青山や表参道』のような雰囲気のある街並みです。あらゆるお店が周辺にあるので安心です。

台中は電車が発達していないため、公共交通機関はバスだけなのですが、スーツケースを持っているならタクシーで移動することをオススメします。台中駅からタクシーで20分弱で200~300台湾ドルでホテルに到着できるはずですよ。

【エバーグリーンローレルホテル台中 (長栄桂冠酒店台中)】
住所:台中市西屯區台灣大道二段666號

それでは、楽しい台湾・台中観光を♪

コメント

タイトルとURLをコピーしました