九份のおすすめグルメ(スイーツ編)♪有名店の芋圓を食べ比べ

九份にある阿柑姨芋圓の芋圓 九份と周辺エリア

九份グルメと言えば欠かせない。今回は…スイーツ編です☆

ご飯もの編もあります↓

スポンサーリンク

九份名物スイーツ『芋圓』

九份名物のスイーツといえば芋圓(ユィユェン)です。芋圓とは、タロイモやサツマイモなど数種類のイモの粉を練って団子にしたスイーツです。今回は、ガイドブックにも掲載されている九份老街にある2大有名店の両方に行ってきました♪

阿柑姨芋圓(アーガンイーユィユェン)

まずは『阿柑姨芋圓』です。

お店の外観
店頭の様子

老街入口から、インスタスポットの階段(豎埼路)までひたすら歩いて行き、階段を登ったほぼ頂上に近いところにあります。店頭から階段にまで行列が出ているので、すぐに分かると思います。

メニュー表
トッピングたち

メニューは大きく分けて「剉冰/冷たい」と「熱飲/温かい」の2種類になります。
順番が来ると、店員のお兄さんが『ツメタイ?アツイ?ツメタイ??アツイ??』と連呼しながら聞いてきたので、日本語の返答で問題ありませんでした😅今回は『冷たい』でオーダーしました。すると…ほかには何も聞かれることなく、商品が出てきました。とくに希望を言わないと芋圓+綜合豆の入った商品になるようです。ちなみに、何を頼んでも一杯50元≒173円です。

店内の様子

商品を受け取ると『アッチでタベレル』とお兄さんが指した方へ進んで行くと(道なりですが結構奥まった所まで進んで行きます)、イートインスペースが広がっていました。こちらは大混雑していて、席は争奪戦のような感じでした。食べ終わったカップが置きっぱなしになっていたりして、空いてる席を探すのも一苦労だったりしましたが、ココでは地元民並みに図々しく席を確保することをおすすめします😏

窓側の席の様子

さらに、窓側の席は順番待ちが発生するほどの人気の席になります…商品と景色を一緒に写すのが、インスタ映えする撮り方のようで、若い子からおば様方までガンバって撮影していました😑

ちなみに、斜面にお店が建てられているのでどこが何階なのかよくわかりませんが…店頭と同じ階にあるイートインスペースは大混雑でしたが、下の階とさらに下の階に関してはめっちゃ空いていました。

芋圓+綜合豆

もっちもちで素朴な甘さ🤩

大きめの丸っこいのが芋圓です。いろんな種類のイモの粉で作られているお団子だそうですが、とくに味の違いは感じませんでした。下に氷が敷かれているのですが、私たちアラフォー夫婦にはちょっと冷た過ぎてしまい、中身の具だけをすくって食べました🤣

だからかもしれませんが…ボリューム的に二人でひとつがベストというクチコミが多かったのですが、あっという間になくなってしまいました…汁までは飲み干さなかったからか、そこまでおなかいっぱいにはなりませんでした😅クチコミの中には「以前に比べて芋圓の量が減っていた…」ということも書かれていたので、一人ひとつの量になったのかもしれませんね😏

総 合:3.4点
 味 :★★★★☆
雰囲気:★★★★☆
清潔さ:★★☆☆☆
コスパ:★★★★☆
 人 :★★★☆☆

【阿柑姨芋圓】
住所:新北市瑞芳區豎崎路5號

賴阿婆芋圓(ライアーポゥユィユェン)

つぎは『賴阿婆芋圓』です。

お店の外観・店頭の様子

老街入口から基山街通りを歩き進めると、右手側に郵便局と人だかりが見えてきたところにお店があります。こちらのお店も見つけやすいと思います。

店内の様子

イートインスペースはいつも混雑しているので、こちらのお店は席を確保してから注文に行った方がいいかもしれません。やっぱりここでも、食べ終わったカップがそのまま置きっぱなしになっているので、気にせずにどかしてしまいましょう😅席待ちが面倒くさい方々は郵便局前で立って食べていました。

メニュー表

注文は主人が行ってくれたのですが、順番が来ると店員のおばあちゃんに『イモ?』と聞かれ、『いも』と答えたそうです🤣あとは『剉冰/冷たい』と言ってオーダーは終了。日本語で問題なかったようです。こちらも一杯50元≒173円でした。

店頭の様子

手際よく、どんどん作っていきます。

前回のお店では撮り忘れたカップ
芋圓

インスタ映えにこだわる主人が一言。

『わかってないなぁー🤨』

こちらのお店は、芋圓やお豆類を入れた後に氷を入れるので…中身がまったくわかりませんでした。かき混ぜても芋圓などの方が重いので沈んでしまう感じでした…

こちらの芋圓もモチモチで甘さもほど良くておいしかった🤩のですが… 繊細な味覚の持ち主ではない私たちには、前回の阿柑姨芋圓の芋圓との違いがまったくわかりませんでした。ただ、芋圓の量はこちらのお店の方が多かったと思います‼

総 合:3.4点
 味 :★★★★☆
雰囲気:★★★★☆
清潔さ:★★☆☆☆
コスパ:★★★★☆
 人 :★★★☆☆

【賴阿婆芋圓】
住所:新北市瑞芳區基山街143號

九份名物『芋圓』の2大有名店に行った結果…
・インスタ映え(景色含む)は…『阿柑姨芋圓』
・老街入口から近く、芋圓の量が多い…『賴阿婆芋圓』
どっちもおいしかったので、目的別で選んでもいいのではないかと思います!!!

【番外編】九份礦山豆花

芋圓はトッピングでいいのではないか…🤔と思い、やってきたのが『九份礦山豆花』です。

お店の外観

老街入口からすぐの場所にあるお店です。豆花にドハマりしている私たちなので、せっかくだったら豆花も一緒に食べたい😋ということで来てみました。

店内の様子

イートインスペースはそれほど広くはありませんが、とってもキレイでした✨

メニュー看板

珍珠(タピオカ)と悩みましたが、今回は芋圓紅豆豆花(タロイモ団子+あずき+豆乳プリン)にしました。全品50元≒173円です。

店員のお姉さんに指差し注文でオーダーすると『アイス?or ホット?』と『here?』と英語で聞かれ、カタコト英語の返答でも大丈夫でした😅

調理台

モノの数秒で、手際よく作ってくれました。

『わかってないなぁー🤨』
『写真と違うし😤』by主人

今回は下からほじくり出して、それっぽくしてみました😂

芋圓紅豆豆花

芋圓は大きくてモッチモチ
豆花との相性もバッチリ🤩

芋圓は数個しか入っていませでしたが、大きくて食べ応えがあり、シロップもほど良い甘さで豆花やあずきとの相性も良く、とってもおいしかったです☆
私たちとしては、大好きな豆花もモッチモチの芋圓も一度に食べれるこちらの方が好みでした😍
というか…ぶっちゃけこちらの方が断然オススメです😏

ただ、食後のデザートとして食べようと何度か再来店を試みましたが、周りのごはん屋さんより早く終わってしまうので、結局もう一度食べる事はできませんでした。夕方までに食べておくことをオススメします‼

総 合:3.8点
 味 :★★★★☆
雰囲気:★★★☆☆
清潔さ:★★★★☆
コスパ:★★★★☆
 人 :★★★☆☆

【九份礦山豆花】
住所:新北市瑞芳區基山街4號

阿蘭草仔粿芋粿 ~台湾版草餅~

芋圓以外で、九份老街のスイーツとしてオススメなのが『阿蘭草仔粿芋粿』です。

お店の外観

1950年から続く老舗菓子店で、人気商品は草餅です。紅豆(あずき)だけではなく、切干大根とエビの入った菜脯粿が大人気なんだそうです。

常に行列あり

常時10人弱の行列が出来ていますが、回転も速いので、さほど待つ事はないと思います。

店頭の商品

店員のおばちゃんがいろいろとカタコトの日本語で説明をしてくれました。食べ慣れないものを嫌う私は、人気商品の菜脯粿を買う勇気は出ず…スタンダードの甜紅豆と芋粿なんちゃら(※漢字不明)と書いてあった2種類を一つずつ購入しました。全品一個15元≒50円でした。たくさん買うとお得になるみたいでした。

甜紅豆

甜紅豆はあずき入りの台湾版草餅ですが、日本の草餅よりお餅部分が歯にくっつくくらい柔らかいです😅中にはギッシリ粒餡が入っていましたが、甘過ぎず食べやすかったです☆

芋粿なんちゃら(※漢字不明)

芋粿なんちゃら(※漢字不明)は、いわゆる芋餅で…甘くもなく…芋っぽい味以外はあまりしない…素朴といえば素朴な…残念ながら私たちの口には合いませんでした😭

ただ、甜紅豆の方は別日に再度購入するほど、主人はいたく気に入ったようでした☆
本当であれば、日本ではあまり食べないような切干大根入りを食べるべきだったとは思いますが…次回以降にチャレンジしたいと思います🙄

総 合:3.6点
 味 :★★★★☆
雰囲気:★★★☆☆
清潔さ:★★★☆☆
コスパ:★★★★★
 人 :★★★☆☆

【阿蘭草仔粿芋粿】
住所:新北市瑞芳區基山街90號

長文にお付き合いいただき、ありがとうございました☆

九份老街には、今回ご紹介したお店以外にもたくさんのお店があります。できれば、食べ歩きをして自分好みのスイーツを探してみるというのが一番イイと思いますが、日帰りで時間がない方などのお店選びの参考になれば幸いです♪

コメント

タイトルとURLをコピーしました